オンラインフォーム

info@minori-gardendesign.com

047-721-6788

090-6028-6787

担当/田中


ご相談・お見積もりは無料です。

お気軽にお問合せ下さい。

施工メニュー

ガーデン・庭
エクステリア
ウッドデッキ
バルコニーウッドデッキ
ウッドフェンス
パーゴラ
オーニング
樹脂木ウッドデッキ・樹脂木フェンス
その他
スタッフブログ「実庭日記」

12/7 ブログ更新しました!NEW

 実庭ガーデンデザイン 

 

〒279-0012

千葉県浦安市入船1-8-1-504

TEL/ 047-721-6788

FAX/ 047-721-6787

MAIL/

info@minori-gardendesign.com

  

造園工事

ガーデンリフォーム

外構工事(新築・リフォーム)

ウッドデッキ

ウッドフェンス

 

お庭のメンテナンス 

エクステリア全般

 

各種設計施工 承ります。

営業時間 9:00~18:00

水曜定休

施工対象エリア

 

■千葉県

浦安市 船橋市 習志野市

八千代市 市川市 松戸市

白井市 鎌ヶ谷市 柏市

千葉市 市原市 茂原市

君津市 木更津市 印旛郡

佐倉市 成田市 四街道市

印西市 野田市 大網白里町

 

■東京都

(東京23区)

足立区 荒川区 板橋区

江戸川区 大田区 葛飾区

北区 江東区 品川区
渋谷区 新宿区 杉並区
墨田区 世田谷区 台東区

千代田区 中央区 豊島区
中野区 練馬区 文京区

港区 目黒区

 

町田市 三鷹市 武蔵野市

国分寺市 立川市 西東京市

狛江市 調布市 府中市

小金井市 稲城市 国立市

 

■神奈川県

(神奈川東部)

横浜市 川崎市 

 

■埼玉県

(埼玉県南部)

 

※その他の地域に関しては

 別途お問合せ下さい。 

 

実庭ガーデンデザイン

Facebook 


お部屋のリフォームに関する施工協力店
お部屋のリフォームに関する施工協力店
株式会社リーベ 正規特約店
(株)リーベ 施工パートナー
協力店   庭づくりねむのき
協力店 庭づくりねむのき
住まいづくりのプロ探し
住まいづくりのプロ探し
New moral standard
New moral standard
オンラインフォーム

ご相談・お見積りは無料です。

お気軽にお問合せ下さい。


スタッフブログ「実庭日記」、日々の出来事をゆるーく綴ります。


2017年

12月

07日

苔玉作りました

ブログさぼり気味の田中です。
昨日は、12年ぶりぐらいに、苔玉を作ってみました。
すっかり作り方を忘れていた私ですが、今はネットで簡単に調べることが可能な時代。
あとは、やる気の問題ですっ!!

今回準備した材料です。
色々やり方があって、材料もこれでなければいけないということはなく、最終的に苔が玉になってれば良いんだと思います。(だから苔玉)
ちなみにお値段は、苔(ハイ苔)が一番お高くて約400円でした。

まずは、土をこねてお団子作り。
根の周りの土と苔をくっつける役目なのですが、ハンバーグのたねを作る要領で、しっかりと粘りを出します。
しっかり粘りを出さないと後が大変です。ピートモスの代わりにケト土を使うと、もっと簡単かもしれません。

次に、出来上がったお団子で植物の根鉢の周りを包みます。
植物は、シェフレラという観葉植物を使用しました。

植物はなんでも良いそうで、小さな苗木などを使ったミニ盆栽にしても素敵ですね。

最後に苔で包み、糸で巻いて止めたら完成。作り始めたら、案外あっという間に出来上がりましたよ。
お正月の準備に作ってみてはいかがでしょうか?


田中

2017年

11月

30日

ちょこっと寄り道、柏の葉T-SITE

「ブログ更新してないねー」と職人さんに笑われたので、さぼり気味の田中に代わり更新、4連投です!(毎度大した話題ではありませんが…)

先日流山での打ち合わせの帰り、前々から気になっていた「柏の葉T-SITE」、いわゆる蔦屋書店に寄り道して来ました。

4~5年前に代官山のT-SITEがオープンした時に見に行って、なーんとお洒落な蔦屋書店!と感動していたのですが、千葉にも今年3月にオープンしていたようです。

ロケーションも設備も入ってるショップも、あと植えられている植栽も!どれもこれもお洒落で、本を読みながらゆっくり過ごすには持ってこいのお店です。2階フロアは全て子供用スペース(本と店舗)になっていて、おそらくご近所の小さなお子様連れのママさんたちがたくさん絵本を手に子供さんと遊んでおられました。羨ましい子育て環境です。

入ってるパン屋さんもとても美味しかったですよ。

16号に面しているので場所もわかりやすいと思います。

柏方面に行かれることがあれば、よろしければ寄り道してみて下さい。

 

https://store.tsite.jp/kashiwanoha/

 

藤原

2017年

10月

24日

シマトネリコの塩害

今朝気付いたのですが、自宅のデッキにあるシマトネリコ、新芽の葉先があちこち茶色くなっていました。

 

これ、おそらく台風による塩害です。

 

沿岸地域の広葉樹に台風のあとよく見られる現象で、枯れたんじゃないか?!って心配になってしまいますが、たいていの場合また新芽を出して復活します。

 

難しく言うと「風速15mを超える強風によって海水の飛沫や海塩粒子が大量に運ばれ、葉や枝に付着して発生する」

そうです。

 

茶色くなった葉は元には戻りませんので、気になるようであれば枝元から切り戻して、あと念のため、一度全体に水をかけて洗い流しておくとよいかも知れません。

 

藤原

 

 

2017年

10月

11日

相変わらず親切な職人さん

とある現場にて。

ふと見ると職人さんが石に丸い穴を開けています。ちょうど雨樋に当たる部分の石材に細工をしてくれていたのでした。これ、専用の道具も必要だし、結構手間がかかることなんです。

特にこうして欲しいとかお願いしてないのですが、いつもこんな感じで、丁寧に仕上げてくれます。「おぉー、わざわざありがとうございます!」と言ってる後ろでは…、

 

別の植木の職人さんが私の泥だらけのカマを「ついでだよ」と砥石で研いでくれていました。いつも私の汚れた剪定ハサミなど、気がつくと研いでよく切れるようにしてくれるのです。

 

職人さん「職人はね、道具が大事だよ。」

私「ありがとうございます!でも私職人じゃないです。」

って会話、今まで何回したでしょう。笑

 

多分私が気付いてないだけで、他にもたくさん陰で親切にしてもらっているのだと思います。

ありがたいです。(TT)

 

藤原

2017年

10月

03日

古民家茶房 宮崎邸

バタバタしていた工事が終わって少し落ち着いた休日に

友人に「古民家茶房 宮崎邸」に連れて行ってもらいました。

印西ニュータウンに向かう途中の、とてものどかなエリアにあります。

築230年(!)の古民家を再生されたとのことで、

すごく立派なのですが、しっくり落ち着く空間でした。

お庭のお手入れもきれいに行き届いており、敷地に入るや

「むむっ!この広さの和庭園、剪定や手入れ、はたしておいくら?!」

と、こんなところで職業病が発症…。

脳内見積り書を振り払って店内に入るとスタッフの皆さんとても和やかな雰囲気で、

いただいた食事やデザートからも心がこもっているのが伝わってきます。

のんびりと美味しくいただきました。

 

きれいなお庭を眺めながらゆっくり過ごすって至福の時ですね。

体にすごく良い気がします。ビタミン剤代わりです。

 

庭の手入れは本当に大変だと思いますが…。

(ここの職人さん、お疲れ様です!!)

 

藤原

2017年

9月

14日

梨がおいしい

2日前に完了した我孫子の現場からの帰り道は、白井~鎌ヶ谷~市川を走るルートで、この時期、道端にはたくさんの梨農園が、旬の梨を並べています。
何度か横目に見ながら通り過ぎてきたのですが、いよいよ現場もこの日が最後、となったので、とりあえず入りやすそうな直売所に入ることに。


このような、こじんまりした直売所です。

大きい豊水が、袋の中にゴロゴロしてます。6つ入っておりました。
更に、梨農園のお母さんが、少しキズが付いてるという梨を、1個おまけしてくれました。

 

そして、早速、食べる。


ジューシーな梨汁がジュワっと口の中に広がり、うまい!


梨っておいしいな~、食べごろのうちにたくさん食べておこう。

 

田中

 

2017年

8月

10日

樹液の洗浄

 

ハードウッドの多くは、施工してしばらくの間、雨が降った後などに樹液が染み出てきて、特に下がコンクリートなどの場合、これが染みつき結構目立ってしまいます。
先日工事した現場も、施工後早速雨が降り、樹液が染み出てきました。

 

これが樹液です。指でこすっても全く取れません。そこで、

以前から言われている、樹液にはキッチンハイター、塩素系(アルカリ性)の漂白剤の登場です。シュッとかけると、すぐに樹液が浮いてきました。


3分間ほど放置して、水で流したところ、あっという間に、かなり綺麗になりました。
最後は良く水で洗い流して、余分な成分は残さないようにします。

 

ちなみに樹液は、ある程度出てしまえば、それ以降は出なくなってくるもので、材料の種類により、半年から1年間ぐらい経てば収まってきます。
この汚れは水で洗ってもほとんど落ちませんが、実は時間が経てば徐々に薄くなり消えていきます。
天然の成分で心配はないので、急ぐ必要がなければ、そのまま気長に消えるのを待つ、というのも良いと思います。


田中

2017年

7月

02日

ノベルティ交換

昨日は7月1日、今年も後半ですね!

梅雨らしい雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、日程の都合で雨の中の植栽工事となりました。

 

この時期にカッパを着て作業しているとあっという間にサウナ状態です。

結構いい汗かきましたー。

ちょっとは痩せたか?

 

工事は夕方には無事完了、

雨で濡れた紫陽花がとても綺麗でした。

 

今年は実庭5周年で、工事をご依頼いただいたお客様には記念のスマホスタンドをお渡ししているのですが、昨日工事させていただいたF様からも、「お返しに」とF様の会社のノベルティバッグを頂いてしまいました!

 

生地がしっかりとしたシンプルなトートバッグ。とても素敵で使い勝手もよさそうです。

思わず嬉しい物々交換となってしまいました。F様、ありがとうございました。

 

同現場で職人さんが「ほら、かたつむり!」と。

何十年ぶりでしょう?かたつむり見たのって。

 

雨でもなんだかんだと現場は楽しいです。

 

藤原

2017年

5月

25日

ベランダのクリスマスローズ#その後

2月にクリスマスローズ展で購入したクリスマスローズ、うちのベランダにプランターに植えて、若干の液肥と時々水やりだけして放置しているのですが、すでに3か月が経過しました。
最近ではプランターに勝手に生えてくるハコベの方が勢いが良く、埋もれてしまっています。
かき分けて見てみると、ほとんどドライフラワー化しておりました。

 

ところでハコベは、こうしてグランドカバーとして使うと、色合いが柔らかくて、ナチュラルガーデンに合いそうですね。インコの餌、春の七草としておなじみの草ですが、触るとひんやりして、土の乾燥や温度の上昇も防いでくれるようです。

さて、クリスマスローズの方はいつまでも花をつけておくと良くないようなので、茎の根本近くからカット。インコの餌-ハコベも、除去することにしました。

 

こんな適当な管理で、来年花は咲くのでしょうか?
とりあえずこれからのシーズンは、高温多湿に気を付けて育てたいと思います。

 

田中

2017年

4月

20日

エクステリア展示会へ

毎年春に開催される展示会、エクステリアエキシビジョン2017に行ってきました。

目についたのは、大手アルミメーカーさんの展示ブース。家の外回りの商材を植栽なども含めリアルに再現・展示されていて、各社なかなか迫力あるブースでした。

細かく見ていくと、やはり多くのメーカーが宅配BOXに力を入れているようで、説明を聞いていると色々考えて作られてるなーって感心します。きっとまだまだ進化していくんでしょうね。

 

写真は、展示会で歩いてた可愛いコンクリートブロック。

帰りに寄り道した、豊洲にある「がすてなーに がすの科学館」の屋上緑化。

館内子供向け展示で遊ぶ代表田中。

(ここ、全て無料で開放されていて、眺めも良く空いているし、穴場だと思います。)

 

新商品の写真を全く撮ってないという・・・。

 

展示会でいただいたLIXILエクステリアブックを読んでいると、

「素敵なエクステリアには、笑顔効果があります。」だそうです。

さすが。いい事言いますねLIXILさん。

熟読させていただきます。

 

藤原

0 コメント

2017年

4月

06日

もうすぐ5周年

間もなく4月16日に、実庭ガーデンデザインは5周年を迎えます。
最初は手探り状態でしたが、少しずつ成長させていただき、ここまでこれました。
ありがとうございました!これからも、どうぞよろしくお願いします。

 

5周年を記念して、オリジナルロゴ入り 木製マルチスタンドできました。
詳細は、追ってホームページでご案内いたします!

 

田中

0 コメント

2017年

3月

13日

今話題の宅配ボックス

昨年植栽工事をご依頼いただいたM様のお宅、玄関前の機能門柱には最近話題の宅配ボックス(Panasonic社製)が組み込まれていました。

製品として出ていることは知ってたのですが、実際に使用されている方のお話を聞いたのは初めてで、

実際どんな感じですか?と伺ったら、

すごく便利ですよ、とのこと。

不在の時はもちろんですが、家に居ても今出れない!って時にインターホンでボックスに入れておいてくださいと言えるので、とても助かってるとおっしゃってました。

M様、小さな双子ちゃんがいらっしゃるので説得力あります。

受領印も押してもらえるよう組み込まれていて、一度荷物が入ると鍵を使わないと開かないようになっておりセキュリティ面も安心です。

 

サイズは色々あるのですが、ある程度の大きさの荷物を受け取れるものはボックスもそれなりに大きくなってしまいますので、外構を検討する時に一緒に考えた方がスッキリと設置できると思います。私たちご提案する側からも、これからの時代、ポストの検討と一緒に宅配ボックスは付けますか?と一言確認した方がいいですね。

 

Panasonicさんから画像をお借りしました。
Panasonicさんから画像をお借りしました。

こちら、同じくPanasonicさんの宅配ボックスで、ポストと一体型になっているものが4月に発売になるそうです。

 

上段は郵便物、下段が宅配物、それぞれ個別で受け取れる一台ニ役の宅配ポスト、だとか。

 

存在に気付いてもらえるのか?ってくらいきれいに収まってますが、今後少しづつ浸透して「宅配ボックス標準装備」って時代になるのかも?!

そしてもしかしたら冷蔵ボックスとかも開発されて、そうするとお買い物の形も随分変わるのかも?!?!

なんて妄想中です。

 

藤原

0 コメント

2017年

2月

18日

クリスマスローズの世界展へ行ってきました

今、池袋のサンシャインシティで、クリスマスローズの世界展というイベントが開かれていて、初めて行ってきました。

冬に可憐な花を咲かせるクリスマスローズは、色合いは地味ですが存在感があって人気の花ですが、まさかクリスマスローズだけで展覧会が開けるとは!

 

それにしても、色も形も、ずいぶん色々な品種があるもんです。
花だけじゃなく葉っぱも、種類によって違うんですね~。
初めて見るような色のクリスマスローズや、寄せ植えに相性の良い花(すれみやシクラメン)などの紹介もあって、勉強になりました。

そして会場には、クリスマスローズの販売コーナーもありましたので、


←「希少種」の文字が気になる「ブラックパール」、そして葉も楽しめるという「リビダス」を購入。


ベランダで育ててみようかと思います。

 

田中

0 コメント

2017年

2月

06日

びっくりしたこと

先日、石畳の道を見かけたのですが、ひどく波打っていて目がクラクラしました。こんな感じです。


これは歩きにくそうだな~、と思いながら近づいて行ったのですが、

角度を変えて見ると、
実は石の模様のせいで波打って見えていただけで、実際には平らだったのです。
意図したものなのか、偶然なのか、どっちなんでしょう?

 

さらに、船橋のIKEAに行ったときのこと。鏡が貼られていたのがわかったのですが、なんと壁が山なりに折れ曲がってる?! 

・・・と不思議に思い、反対側からも見てみたら、今度は凹んでいるではないですか!

実は、曲がった形の鏡のせいで、出っ張ったり凹んだり見えただけでした。

 

 

目の錯覚ってやつです。
こういう目の錯覚を利用した空間が、作れたら面白いかもしれませんね。

 

田中

2017年

1月

05日

2017年、今年もよろしくお願いします。

遅ればせながら…、

新年あけましておめでとうございます。

 

2017年は、実庭ガーデンデザイン創業から5周年を迎えるメモリアルなイヤーです。

 

多分特に変わりないと思いますが、

この先6年、7年、ずっと変わらず無事に迎えることが出来るよう、今までドーリ

しっかりトリ組んでいきたいと思います!

 

 

写真は本栖湖からの元旦の富士山です。

千円札の裏ですね。

 

この写真が撮れる展望台までは30~40分ほどの登山が必要で、

運動不足の身にはま~キツい。

ふらふらでたどり着いた展望台は、昨年改修されたというきれいな階段状のウッドデッキになっていました。

 

 

いやしかしこれ、材の搬入や現場管理、めちゃくちゃ大変だったろうな…と、

工事の過酷さに思いをはせつつ美しい眺めを満喫する年の初めでした。

 

では、トリあえずお仕事スタートです。(しつこい)

 

藤原

0 コメント

2016年

12月

26日

実庭の2016年

外の仕事の関係で、お天気や気温、日の長さなどを日々感じながら過ごしていますが、あっっという間に一巡してしまい、また年末がやってきました。

 

今年は、年明けの房総半島南端・館山市から始まり、梅雨入り前には東北・宮城県仙台市にも足を伸ばしたりと、結構遠出させていただきました。
もちろん、お近くの千葉県内では多くのお客様にお世話になり、東京都内や横浜にも行かせていただきました。
本当に、ありがとうございました。

年内、もう少し仕事が残ってはおりますが、また来年もよろしくお願いいたします。

 

田中

おしゃれなショップで、ミニ盆栽が売られていました。

小さな樹木と苔、陶器の器などがとっても素敵です。

0 コメント

2016年

12月

14日

今年も残りあと少し

年末なので、少しづつ自宅の掃除を始めています。

 

先日は年末恒例、ウッドデッキの高圧洗浄を行いました。

 

 

掃除を怠りほこりが溜まった状態…。

 

ブシャーと汚れを吹っ飛ばして、

薄っすら茶色の木目がよみがえりました。

写真ではちょっとわかりにくいですが、個人的にはこの薄茶色が一番のお気に入り。

 

かれこれ10年ほど経っているのですが、具合の悪いところはどこもなく、毎日安心して使える頑丈なデッキを造ってもらったことに改めて感謝する瞬間です。

 

 

 

 

 

感謝といえば、今年もたくさんのお客様と出会い、お仕事をさせていただいたこと。

いつもの職人さんたちも。

いろんな人の顔を思い浮かべて一年を振り返る、平和な年の瀬です。

 

藤原

 

0 コメント

2016年

11月

26日

街路樹観察

急に寒くなってきましたが、ふと見るとイチョウ並木が結構綺麗だったので、写真におさめてみました。若干枯れかかっているようにも見えますが・・・。

 

葉の色が変わるこの時期の美しさは、街路樹No.1と言っても過言ではない、と個人的には思います。

街路樹が気になりだしたので、他にも何枚か写真に撮ってみました。
左はユリノキだと思いますが、イチョウよりもさらに枯れかかってます。

右は常緑樹ですね。恐らくクスノキだと思います。

他にもケヤキやプラタナスなどがありましたが、街路樹には結構落葉樹が多い、というのが発見でした。

普段、あまり気にかけない街路樹ですが、狭くて固い土に植えられ、排気ガスにさらされながら、枝が伸びればバシバシ切られ、かなり過酷な環境で生きています。

それだけ丈夫な樹木とも言えますね。


田中

0 コメント

2016年

10月

14日

展示会へ

幕張メッセで開催されている国際ガーデンEXPOに行ってきました。

世界中の園芸や造園に関するメーカーが出展している、様々な商材の商談展示会です。

 

数年ぶりに行ったのですが、前回はデッキ材に関してはハードウッド(天然木)を多く目にした記憶があるのですが、今回は樹脂木の展示がほとんど。

あとは人工の観葉植物や人工芝なども多数展示されており、

これは時代の流れなのでしょうか?

それだけ需要が多いということなのでしょうか??

 

樹脂木とハードウッド、人工芝と天然の芝、

仕上りの雰囲気は全く異なります。

またそれぞれにわかりやすい長所短所がありますので、流行りや時代の主流とかいった話とは別に、その辺り両方を知ってる私たちが、まずはちゃんとお伝えできればと思っています。

 

ちなみに実庭ではもちろんどちらも施工対応可能です。 

 

写真、人工芝。

営業車にいいかも…。

 

藤原

0 コメント

2016年

9月

24日

小さい秋

ちいさいあ~き~ちいさいあ~き~、みいつけたー。っくー、悲し~。

 

今年の夏も、前半は暑い日が続きましたが最近は雨ばかり。

そして、現場には赤とんぼが・・・。

雨に降られる赤とんぼ。

 

もう秋になってしまったのしょうか?

もう残暑はこないのでしょうか?

 

田中

0 コメント

2016年

8月

18日

タイムスリップ

夏休みは息子の合宿だ受験だと、なかなか家族の予定を合わせることが難しいのですが
今年はうまく休みが重なったため全員で関西に帰省してきました。

いつもバタバタと用事だけ済ませて千葉に戻ってくるのですが、今回は私が久しぶりに行きたいところをブラブラ見て周ることに。

 

ちょうど今の息子くらいの齢に初めて行って感動した神戸の夜景スポットや

会社帰りによく寄り道していた神戸三宮~元町。
食パンがすごく美味しい夙川のパン屋さんと芦屋近くの高級スーパー。(見るだけで買えない)
高校の美術部の課題でスケッチに何度も通った奈良、甘樫の丘。
学生時代バイト終わりにみんなでよく行ったコテコテのお好み焼き屋さん、その他諸々。

 

あちこち街並みはきれいに整備されていましたが、思い出のある場所はほとんど当時のままで、
お店がちゃんと残ってることにもびっくりでした。
地味ですが生活してた場所なので、ほんと懐かしい…。次は京都も行きたいなぁ。

 

さてさて、千葉に戻って現実に戻って、

お仕事スタートです。

 

藤原

0 コメント

2016年

7月

08日

下半期はじまる

早い物で、今年も後半に入りました!


と、いうわけで、今日は実庭の2名+君津でお店を開いている元同僚1名とで、長~いランチビュッフェ・ミーティングに集まりました。


場所は千葉みなとにあるオーシャンテーブルさん。

http://ksnetwork.com/chain/oceantable/minato/


ミーティング(?)が長くなることを見越して、時間制限無し(但し16:30まで)の2階に席を陣取りました。

こちらのお店、料理がおいしくて種類も多く、とっても人気があります。ランチ終了時間まで居残り、お客さんがほとんどいなくなるまでお腹いっぱい料理を食べ、デザートも食べ、
「さあ、下半期もがんばろう」
と気持ちを新たに解散したのでした。

 

田中

 

0 コメント

2016年

6月

17日

ウッドデッキ工事 in 仙台

年明け頃から計画していた、我が実家のウッドデッキ作り直しのため、仙台に行ってきました。
当初、組立は地元の大工さんにお願いするつもりでしたが、いつもの大工さんたちのスケジュールがうまく合ったため、仙台まで遠出してもらうことになりました。
と、いうわけで、着いて早々工事を開始し、その日の夜は地元で人気の牛タン「司」へ。
熟成させてから焼いたお肉が、軟らかくシコシコした歯ごたえと、何とも言えないうまみがあります。

1日目で骨組みから下地まで終了していたので、2日目は怒涛のように4人で床貼りからフェンスと仕上げに入り、あっという間にウッドデッキが完成しました。こだわったステンドグラスも、ばっちりです。
と、いうわけで、2日目は海鮮とみそ料理がいただけるお店「新古々がみそ」へ。

工事も終わり、3日目の朝は軽く観光して、大工さん達は千葉へ帰っていきました。
私は1人残って、ウッドデッキでコーヒータイム。どうにか終わったなあ・・・。
工事の様子は、またそのうち改めてUPします。

 

田中

0 コメント

2016年

6月

04日

AFTER AFTER

施工直後がアフターだとして、
さらに数年後の変化はアフターアフターと呼ぶらしいです。

 

一昨年ウッドフェンスを施工させていただいたお客様から新たに立水栓のご相談をいただき、
先日打ち合わせのため久しぶりにお伺いしてきました。

お庭に足を踏み入れて、そのアフターアフターにびっくり!
とても緑豊かなお庭に成長していました。
渋く退色したイタウバのウッドフェンスもうまく活用されていて、

初夏の濃い緑がよく映えています。

 

工事が終わって完成というわけではなく、
その後のお客様が望む庭づくりのベースをしっかり整えることが

私たちの大事な役目なんですね。

アフターアフターアフターも楽しみにしています!

 

藤原

0 コメント

2016年

5月

05日

佐倉観光

この連休は少しお休みをいただいて関西に帰省したり、
今日こどもの日は佐倉市内をゆっくり観光してきました。

写真は佐倉藩最後の藩主、堀田正倫の邸宅「堀田邸」。
国の重要文化財にも指定されており、隣接する庭園も含め、手入れが行き届いた見事な邸宅でした。 ついつい庭の造りや木々のきれいな剪定に目がいってしまいます…。

 

次は立派な門構えの佐倉順天堂記念館。天保14(1843)年、佐藤泰然が佐倉に蘭医塾と診療所を開き、全国から西洋医学を学ぶため多くの若者が集まったそうです。

佐倉藩は当時、「西の長崎、東の佐倉」と言われるほど西洋医学研究の先進地だったとか。
御茶ノ水にある順天堂大学病院の創始者はここの出身だそうです。
ドラマ「JIN -仁-」の原作の参考になったり、堀田邸は実際にロケ地として使用されていたみたいです。

 

あと城下町にある武家屋敷も見学してきました。
甲冑(かっちゅう)の試着体験?もさせてもらったのですが「なんか頼りない武士だねー」と大笑い…。

幕末から明治あたりの歴史や、古い日本家屋の良さを感じた佐倉散策でした。

機会があればぜひ行ってみてください。

 

さあ明日からまたお仕事、頑張ります!

藤原

0 コメント

2016年

4月

30日

もうすぐこどもの日

今日は、先月上旬から入っていた工事が、無事終了しました。

 

工事の前半は天気が不安定で、雨の日が続いたり、真冬のような寒さの日もありましたが、最終日の今日は、鯉のぼりが空を泳ぐ、さわやかな日本晴れとなりました。

 

お問合せをいただいてからの検討期間も含めると、およそ10カ月間という長期間に及ぶ現場だったので、工事が終わるのは少し寂しい気がしますが、明日から4日間ほどお休みをいただき、また頑張りたいと思います!


田中

0 コメント

2016年

4月

19日

強度

テレビに映る熊本の惨状を見てると本当に胸が苦しくなります。
山崩れで行方が分からなくなった大学生の息子さんを探すお母さんの言葉を聞いて涙が出ました。

 

阪神の震災当時、神戸市にある会社に勤務していたので、当時の街並みの悲惨な状況など、もう20年以上経っているのに、ついこの間の事のように思い出してしまいます。

 

東北の震災の時も、こちら千葉でもスーパーやコンビニから商品が無くなったり、ガソリンが入手できなくなって大変な毎日でしたね。

 

被災された方々が、一日も早く元の生活に戻られる日が来るよう祈るばかりです。

 


地震関連のニュースの中で、新築らしきお宅のまだ新しいブロック塀が全て倒れている映像を見ました。基準に沿った施工をしていてもこれだけの地震に遭うと倒れてしまうんだ、自分が設計した壁で人を傷つけてしまうかも知れない、と、改めて考えさせられました。

 


こちらの写真、ちょうど桜が満開の時に完了したI様のウッドフェンスです。
手前に張り出しているのは控え柱で、地中約80cmほど埋め込んでコンクリートで固めています。
フェンス施工の際は、職人さん達がいつもこれでもかってくらい深く埋めて、しっかりと固めてくれるているのですが、これがいつか誰かの命を守るものになるのかも知れません。

この平和な景色を毎年見れるよう、またこの仕事に携わっていく上で、改めて「強度」の重要さを忘れてはいけないと感じました。

藤原

 

3 コメント

2016年

3月

31日

ハッピー桜

私事ですが、今日は私(田中)の誕生日でして、そんなめでたい日に東京では桜が満開になったようです。

しかし自分の誕生日の時期って、こんなウカレタ陽気だったかな、とふと疑問に。
そういえば、若い頃(学生まで)住んでいた仙台では、まだまだ桜のつぼみなど硬くて、とても春とは言えない、どちらかというとまだ地味な季節でした。

ところで、本当に桜は咲いているのだろうか、と事務所の近所をぶらぶらしてみたところ、ここ(浦安)ではまだこんな感じでした。

それでも、早い枝では結構きれいに咲いております。

 

全体的にはまだこれから、という感じ。
もう少し、楽しみはとっておけそうです。


田中

0 コメント

2016年

3月

03日

春ですね。

月日が経つのが早いです。
気が付くともう3月!そして今日は桃の節句。
ですが、梅の写真を…。

 

昨日完了した現場で見事に咲いていたしだれ梅です。
春といえば桜の花が代名詞ですが、個人的にはウメやユキヤナギ、モクレンなど、まだちょっと寒いかなって時期に咲く花で春が来た!と感じます。
奈良の実家に居たころに「月ヶ瀬梅林」という梅の名所に毎年よく行っていたので、春=梅の印象が強いのかも知れません…。

 

 

さて先日、春なんだから何か新しく更新を、と思い立ち
長年酷使してヘトヘトになっていた仕事用の鞄を新調しました。
はるばる熊本から今日やっと届いたおニューの鞄は、防弾チョッキに使用されている素材で出来ているらしくとっても丈夫です。銃弾はちょっと困りますが現場で容赦なく降りかかる粉塵や泥水に強いのが非常にありがたい!
お洒落 < 強度 といった選び方が少々残念ではありますが…。

 

藤原

0 コメント

2016年

2月

07日

現地調査 in 仙台

雪が積もっていてよくわからないと思いますが、こちら、私の実家にあるウッドデッキです。作られてから、おそらく25年ぐらい経っていると思われます。

 

この度、このウッドデッキを作り直す計画が動き出したため、現地調査に行ってまいりました。

 

仙台まで工事に行くのか、というご心配もあるかと思いますが、遠方の場合、いつもの大工さんが図面をもとにプレカットして現場に搬送。
それを地元の大工さんに組み立ててもらうなり、DIYで組み立てるなりすることで、実庭仕様である、木造軸組工法の頑丈なウッドデッキを作ることが可能、というわけです。

 

遠いけど頑丈なウッドデッキを作りたい方も、自分で作る喜びを味わいたい方も、気になる方はぜひ、ご連絡をお待ちしております。
(現地調査、大きさの指定は、お客様ご自身に実施していただきます。)


田中

0 コメント

2016年

1月

06日

2016年仕事初め

あけましておめでとうございます!

 

今年のお正月も家族で富士山周辺で過ごしておりました。写真は元日に撮影したダイヤモンド富士です。

 

快晴で風もなく、ピカーンときれいに撮れちゃいました。


なかなか縁起が良い感じですよね!

あとお休みの間に、汚れまくった仕事の道具を自宅のデッキでのんびり掃除していたのですが、 真冬でも天気がいい日のウッドデッキって、こんなに気持ち良かったんだ!と
今さらですが一人でちょっと感動してしまいました。


年末の大掃除の際にデッキに高圧洗浄かけたり、ウッドフェンスの汚れもペーパーをかけてきれいにしていたので、余計にそう感じたのかも知れません。

 


何気ないひと時でしたが、ウッドデッキの本当の良さを体感した気がしました。

 

工事させていただいたお客さまにもそんな気分を味わってもらえるよう、

今年も頑張っていきたいと思います。

 

本年も、実庭ガーデンデザインをどうぞ宜しくお願いいたします。

 

藤原

0 コメント

2015年

12月

29日

仕事納め2015

いよいよ、今年の業務は今日が最後です。

今日は、今月上旬から入っていたやや遠い現場が完了し、仕事納めとなりました。
何日も通った現場なので、終わるのは少し寂しいですが、無事に終わってほっとしております。

 

(これでゆっくり、年末・正月休みに入れそう・・・)

現場にて。
今朝の冷え込みで、霜柱が立っていました。
今年の冬は暖かいと思いながらも、着工から3週間ほど経つ間に、だいぶ冬も進んだようです。

 

今年もたくさんのお客様、職人さんに、お世話になり、ありがとうございました。
また来年もがんばりますので、どうぞよろしくお願いします!

 

田中

0 コメント

2015年

12月

09日

京都ひとり旅

京都に行って参りました!


この時期、せっかくなので美しい紅葉を見たい!と意気込んでいたのですが、どうやら今年は異常気象の影響で、紅葉の鮮やかさがイマイチだったよう。
それでも、場所によっては綺麗な紅葉を見ることができました。

最も印象に残ったお庭、上賀茂神社近くにある、社家(昔の神主さんの家)の庭園です。


奥行や広がりが感じられ、どの角度から見ても魅力的で、とても手の行き届いたお庭でした。


紅葉のピークが過ぎ、雨も降ったからでしょうか?
モミジの葉っぱの絨毯ができているのも、風情があります。

銀閣寺の銀閣寺垣です。


竹垣では、四つ目垣や建仁寺垣が有名なのですが、銀閣寺垣は、石垣の上に背の低い建仁寺垣が、組み合わされた形だそうです。


石垣と竹垣の組み合わせが、なんともモダンに感じられます。

そして、こちらは金閣寺垣。

背の低い、四つ目垣風の竹垣です。



・・・と、ちょっと仕事に関係しそうなことばかり書きましたが、
まずは買ってきた生麩で、生麩田楽の再現を試みるのが、今の目標です。


田中

0 コメント

2015年

10月

26日

可愛い写真が届きました!

今年の6月に工事をさせていただいた 鎌ヶ谷市S様 から、楽しそうにデッキで遊ぶお子様の写真が届きました!来春幼稚園に入園するSちゃん、笑顔がとってもかわいいです。

他にも、豪快にプラレールを広げた写真も送っていただきました。


幼い頃鉄ちゃんだった2人の息子を持つ私ですが、デッキに線路を引くのは思いつきませんでした。こんな使い道もあるんですね、感心します。


これからの季節、たくさん雪が積もった時は、泥のついてない綺麗なかまくらや雪だるまが作れるのも隠れた使い道ですよ。ちなみにうちに来てくれるサンタさんはウッドデッキにプレゼントを置いて行ってくれていました(笑)。寒い季節も色々楽しんで下さいねー。


毎朝起きたらまずはアンパンマンの押し車でデッキを走り回り、

夜はパパと一緒に寝そべってお月見が日課だとか。いいですね!理想的な使い方です。


こんなお話しを伺えるのが、この仕事をしていて一番の幸せだったりします。

S様、ありがとうございました!


藤原

0 コメント

2015年

9月

18日

チャドクガ大発生!

※閲覧注意
※閲覧注意

我が家の玄関横に植えてあるヒメシャラの木。

春頃少し毛虫が居るなーとは思ってたのですが、仕事が落ち着いたら何とかしようと見て見ぬふりをすること数か月。

今日少し時間が空いたので、思い切ってじっくり見上げてみたら…、


うひゃー!チャドクガ!!しかも全体に広がってる~。

何百匹?いや何千匹?とにかく大量です。


とりあえず息子に写メしてみたら「うわがちできめえ」。役に立たず。
旦那さんに頼んだら別の仕事が発生しそうな気がする。(刺されて大騒ぎして病院搬送とか。)


でもでも!私に駆除が出来るのか?いつもお世話になっている植木屋さんに聞いてみました。

とにかく触らないように、風下に行かないように(毒針毛を飛ばすらしい。)
殺虫剤を準備しろ、触れた衣服や道具も素手で触るな、

刺されたら相当つらいし下手したら死ぬ(!?)、等々。
散々びびらせてくれましたが、このまま放置はさすがにまずいと思い、完全防備で枝を全て落とすことに。

ちょっと揺らすだけでくもの巣みたいな糸でつながって、一斉に垂れて落ちてくるんですね。めちゃくちゃ気持ち悪いです。
でも作業を進めるうちに目が慣れたのか、最後にはゴム手袋でかき集めて袋にポイ、殺虫剤シューで、無事やっつけることが出来ました!

葉を全て落としたのでヒメシャラはハゲハゲになってしまいましたが、人に被害が出る前に駆除出来て一安心です。

ヒメシャラはシャラの小型版、ということは
シャラ=夏椿で、椿の仲間だからチャドクガが付くみたいです。うっかりしてました。
今小さいお子さんにチャドクガに刺される被害が多発しているそうなので、気を付けないといけませんね。


藤原

0 コメント

2015年

8月

27日

お隣さんの犬

こちら、今入っている印西の現場の、お隣さんのボーダーコリー。名前も知らないワンちゃんですが、現場に行くと、このようにお出迎えしてくれます。


好奇心が強いようで、職人さんたちが作業を始めると、柵の上から顔を出し、それから広いドッグランを駆け回ります。
幸せな犬だね〜、羨ましい。


田中

2 コメント

2015年

8月

12日

イタウバ


実庭がご提案するウッドデッキやウッドフェンスでは、かなりの確率で、イタウバを使っています。


イタウバはブラジル産の広葉樹で、普通の木材と比べて非常に硬くて重い、ハードウッドのひとつです。
耐久性は、無塗装で使用しても20年~30年は十分もつ、と言われています。

色は、紫外線の影響により、黄色→茶色→こげ茶→グレーと変化していきます。


カットしたばかりの切り口は、鮮やかな黄色をしていますが、イタウバは日焼けが早いので、この色が見られるのは工事中だけ、と言ってもよいかもしれません。

イタウバで特徴的なのが、とら目模様の木目です。

全てではなく、材料の何割かに、とら目のある材が混ざっているので、偶然できた木目の表情が楽しめたりします。


左の写真は、フェンスの一部に、とら目が出た施工写真です。


もう一つの特徴は、「燃えにくい」ということ。これは大工さんから聞いた話ですが、燃やそうと思っても、全く火が付かないとのこと。詳しいデータはありませんが、木は燃える、という概念からは外れているようです。

最後に、イタウバだけではなく木材全般の話ですが、木はひび割れします。
それは、自然に乾燥して木の中の水分が抜けて、木が収縮するからなのですが、これによって強度が落ちるのではなく、逆にしっかり引き締まり、強くなっている証しです。


木は、考えられている以上に、強く優れた素材だと思います。日常の生活に、ぜひ天然木を取り入れてみていただければと思います。


田中

0 コメント

2015年

7月

20日

アフゼリア

夏本番ですね。

梅雨明けと同時に外構工事が着工、今日半日で腕が茶色になっちゃいました…。


さてさて、この写真は素足でも安心して使用出来るウッドデッキ材として知る人ぞ知る、
「アフゼリア」というデッキ材です。


先日お客様のご要望により工事で使用する機会をいただきました。



前から名前は聞いたことがあったのですが、実際に工事で使用したのは今回が初めて。

アフリカ原産で、イペやウリンと同様、大変耐久性の高いデッキ材です。そして何よりの特徴だと思うのですが、実際に手に触れた感触がとても滑らかですべすべなんです。


イペなどささくれの出やすいデッキ材は素足での使用はかなり気を付けないといけませんが、
このアフゼリア材は特にささくれが出にくい特徴があるようで、素足の使用に拘るお客様には特にお勧めだと思います。
デッキ工事歴の長い職人さんからも「良い材だ」とお墨付きをいただきました。
ちなみに無垢材なのに室内の床暖房にも使用可能らしいです。

 

←工事中、ちょっと工具を置いていただけでくっきり日焼けが…。

(数時間後には消えていましたが。^^;)

 

興味をお持ちの方、

お気軽にお問合せ下さい。

 

藤原

0 コメント

2015年

6月

18日

植込み工事 現場訪問

今日は、藤原が職人となって、植栽の植込み作業をするというので、私も見学に行ってきました。


藤原が、剪定バサミで、絡み合った根っこをじょきじょき切ってます。ハツユキカヅラを、再生させるみたいですね。


前から植えられていた植物も、少し手を加えて配置し直せば、またグレードアップした姿になります。

玄関前には、存在感のあるプランターに、マホニアコンフーサを植えております。


私もちょっとだけお手伝い。

楽しく作業させていただきました。


田中

0 コメント

2015年

6月

05日

四街道のうどん屋さん

一か月ほど前でしょうか、テレビ「人生の楽園」で紹介されていた、四街道市にある

「うどん屋 麦(ばく)」さん。


テレビを見てからずっと気になっていたのですが
最近たまたま私用で四街道方面に行く機会があり、
目的地に行く前に行ってみよう!ということになりました。


やはり人気のようで、鶯の鳴き声を聞きながら入店を待つこと15分ほど。


おうどん、美味しかったです!
出汁を一口飲んで「うわ!懐かしっ!」って

ちょっと感動でした。

(生まれ育ちが関西なもので…。)

店主のお母さんは、亡くなられたご主人がつくってきた野菜を活かすために独学でうどん作りをマスターされたそうで、うどんには地元野菜の天ぷらがセットになってます。店内は娘さんがきりもりされていて、とってもアットホームな雰囲気でした。


お店の裏には広ーい麦畑があって(たまたまかな?)、とってものどかな立地にあります。


またお休みの日にゆっくり行きたいなー、と思う

うどん屋さんでした。

http://udonyabaku.web.fc2.com/


という仕事に全く関係の無いお話でした。^^;


藤原

0 コメント

2015年

5月

17日

早稲田ハウスさんで植栽工事

先日、植栽工事をご依頼いただいた松戸市にある早稲田ハウスさん。


自然素材を標準仕様にした
「きれいな空気の家」


コンセプト通りの優しい雰囲気のお家をたくさん造られているハウスメーカーさんです。


http://www.wasedahouse.co.jp/category/case/


この写真は本社店舗前。

毎度お馴染みのイタウバで造作したウッドプランターに植物を植え込んで設置しました。

面白いなと思ったのが、同じく松戸市上本郷にあるモデルハウスを利用した


赤ちゃんカフェnenne(ネンネ)


という、赤ちゃんと一緒に利用できるカフェ。

乳幼児がいるママさんたちはなかなかゆっくりお茶なんて出来ない毎日だと思いますが、

こういったスペースがあると、少し息抜きになりそうですね。


http://www.nenne-cafe.com/


こちらもOPEN前に植栽の入れ替えをさせていただきました。(写真が暗い!)

最後に新松戸にあるモデルハウスにも植栽を追加しました。

こちらはモデルハウスでの宿泊体験が出来るそうです。眺めるだけではわからない良さが体験できそうですね。


今回3か所に新しく仲間入りした緑たちが

何か一役買ってくれるとよいのですが!


藤原

0 コメント

2015年

4月

10日

エクステリア エキシビション 2015へ行く

毎年この時期、ビッグサイトで開催されるエクテリアエキシビションに、今年も行って参りました。


←これはおととし撮った写真。天気が良かったんですね。


外構工事の、アルミ製品、ブロック製品、表札・ポスト、照明などの各メーカーが、新製品などを展示します。


内容がそれほど大きく変化することはないのですが、情報収集、カタログ収集のために、割と欠かさず行ってます。後は、狭い業界、びっくりするような再会もあったりします。

 

印象に残ったのは、小さい表札(11センチ四方ほど)や、比較的低価格でおしゃれなポストが増えたかなあ、ということ。
それから、高さ2m、幅5mを超えるかと思われる、巨大な伸縮門扉も印象的でした。

 

その他、展示の仕方にも、ちょっとしたヒントが見つかったりもします。例えば、こんなフェンスの付け方も気になりました。
ウッドデッキやウッドフェンスに組み込んで、つる性の植物を誘引したり、フラワーバスケットなどを引っ掛けることで、自然な日除けと適度な目隠しになるかもしれません。


田中

0 コメント

2015年

3月

19日

植栽工事 at  ロハススタジオさん

前回、田中のブログでお知らせしておりましたロハススタジオさんの植栽工事が昨日無事完了しました。


今回は実庭女子(?)2名と、ロハススタジオ・山口さん、高岩さんにもお手伝いいただき、ワイワイ楽しく工事をさせていただきました。


まずはイタウバ材でオーダーメードしたプランターを、大きいのと小さいの、複数準備して現場入れです。プランター(大)はかなり重いのですが、代表田中の腕力により難なく配置が完了!


シマトネリコをメインに、色とりどりの低木・下草、季節のお花などをたくさん植え込んで、緑豊かなエントランスが完成しました。やっぱり、緑が入ると素敵ですね。



LOHAS StudioさんはJR津田沼駅手前のバス通りにありますので、たくさんの人の目にとまってくれればいいなーと思います!


藤原


LOHAS Studio 津田沼店
http://www.okuta.com/tsudanuma/


0 コメント

2015年

2月

19日

現地調査 at ロハススタジオさん

今日は、日頃お世話になっている、LOHAS Studio津田沼店さんへお邪魔しました。
無垢材や珪藻土などの自然素材を生かした、ぬくもり感のあるリフォーム工事が得意な業者さんです。


自然素材が好きな実庭ととっても相性が良くて、家の中はロハススタジオさん、外は実庭という感じで、時々コラボさせていただいてます。

 

この度、店舗の入口付近を、植栽などで模様替えをするため、現地調査に伺いました。
気軽に立ち寄っていただけるような、親しみのあるプランを検討したいと思います。

こちらのお店に行くと、綺麗で優しい、高岩さんにも会えますよ。
お店の中には、厳選されたかわいい小物や雑貨なども売られていて、リフォームと関係なく、見に行くだけでも楽しめるので、ぜひ。


そんなお店の中に負けないくらい、外も綺麗になるよう、頑張ります!

 

田中

 

LOHAS Studio 津田沼店
http://www.okuta.com/tsudanuma/

 

0 コメント

2015年

2月

10日

ランチミーティング

今日は代表田中と久しぶりのランチミーティング(という名の食べ歩き)。


美味しいランチをいただきながら、業務上の伝達事項はもちろん、仕事には全く関係無いどうでもいい話まで、いろんな情報交換を行います。

 

思いつくままワイワイ話しているようで、

今後の方向性や目標など、真面目な話もたまーに挟まってくるのであなどれません。 

 

ずっとこんな風にのんびりやってきた実庭ですが、お陰様でこの春には三周年を迎えます。


「早いねー、あっという間だねー」
「プロフィール写真もそろそろ撮り直さなきゃねー」

 

といった感じで、今回も平和に終了しました。

 

写真はデザート付きイタリアンランチからハシゴした、星乃珈琲ダブルスフレパンケーキ。

明らかに食べ過ぎです。 笑

 

藤原


0 コメント

2015年

1月

20日

臥龍梅(がりゅうばい)の木

浦安で、家の建て替えに伴う、新築外構工事が進んでいます。


以前の家に住み始めた頃から生えていたモチノキなど、大切な樹木は引き継いで、新しいお庭に合わせて配置替えを行います。

この中に、珍しい梅の木がありました。
臥龍梅(ガリュウバイ)というそうです。
枝や幹がねじれていき、龍が伏せているような樹形から付けられた名だとか。

白い小さな花が咲くそうで、よく見るとつぼみが膨らみかけています。


工事が終わる1月末頃までに、咲いてくれるでしょうか?

 

田中

0 コメント

2015年

1月

05日

2015年 仕事初め

新年 あけましておめでとうございます。

今年も実庭ガーデンデザインを、よろしくお願いいたします。

さてさて、毎年お正月休みは家族で富士山の方に行くのですが、この時期はたいがい晴れてて同じような写真になってしまいますので、今回はiPhoneのパノラマモードで撮影。

ま、横に長くなっただけですが…。^^;

快晴であったかそうに見えますが、この時の気温がなんと-9℃!

「-9℃てっ!?」と久々に関西弁でつっこみを入れてしまいました…。

これくらいの気温になると毛糸の手袋なんて何の役にも立たないんですね。指先が凍るかと思いました(><)


千葉もそこそこ寒いですが、富士山付近に比べれば全然平気!寒さに負けず、今年も頑張っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


藤原


1 コメント

2014年

12月

31日

2014年の大晦日

2014年も、今日が最終日となりました。
いつものごとく、年末はぎりぎりまでバタバタしてしまいましたが、
今日はゆっくり年越しそばを食べて、新しい年を迎えたいと思います。

そばといえば・・・

先日、お世話になっている職人さんや仲間と、秦野のお蕎麦屋さんに行きました。

これからもそばのように、細く長くお付き合いしていきたい面々です。



さて、来年の4月には、実庭の誕生から3周年を迎えます。
今後もますます気を引き締めて、張り切って行きたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


田中

0 コメント

2014年

12月

20日

最近知ったこと

「ブログ更新が甘いっ!」

と、職人さんから痛いところをつかれてしまいましたので…^^;、最近見聞きした事を少しご紹介したいと思います。


まずはこちらの芝生、一見普通の高麗芝に見えますが、これ、あのTOYOTAが開発した「TM-9」と呼ばれる品種の、管理の手間をなるべく少なくした芝生だそうです。

芝刈りが年1~2回でいいらしく、何より冬場のこの時期でも芝生がフカフカで分厚い絨毯を歩いてるみたいで、最初ほんとびっくりしました。

ホームセンターで入手可能ですが、金額は通常の高麗芝の2倍以上するとか…。でも手入れが楽できれいな状態を長く保てるのであれば、これはお勧めなんじゃないかなーと思います。

あとこれも同じ現場で使用したマリンランプですが、中の電球が今まで使用してきた普通電球では無く、LEDの普通電球タイプのものなんです。


電気屋さんに聞いたら「前からあるはあったけど高かったんだよねー」と。


LEDといえば味気ない見た目で、透明ガラスで中が見えるマリンランプには不向き、と思ってましたがこれならバッチリです!金額も本体とセットでごく普通な感じでした。


←こんな形。もちろん電球色です。

丸っこい形がかわいいですね。


…って、みんな既に知ってたらすみません!


藤原



2 コメント

2014年

12月

06日

那智石の洗い出し

年末だからか、たまたまなのか、やたらバタバタした毎日が続いております。


今日は印西市で着工中だった現場で、最後の仕上げとなる那智石の洗い出し舗装を行いました。「洗い出し舗装」とは、昔からある伝統の左官仕上げで、神社や和風庭園などでよく使われている舗装です。


まずはモルタルと種石を混ぜ合わせ、全体に均していきます。

砂利がしっかり沈むよう、何度も何度も押えてから、表面が硬化しないうちにシャーと水をかけてモルタルを流します。


那智石が見えてきました!


表面を繰り返し洗って夕方ようやくほぼ完成した状態に。

 

職人さんの配慮でモルタルに墨汁を混ぜてもらったので、那智石ともよく馴染みます。

 

 

 

 

 

 

 

施工にとても手間がかかるので、最近はあまり見られなくなってきていますが、自然の素材が生きるとても素敵な仕上げです。


和にこだわった建物なので今回は那智石をご提案しましたが、砂利の種類を変えたら雰囲気も変わりますので、また機会があったらご提案してみたいと思います。


あまり広い面積より、ポイントとして使うくらいがちょうどいいかも、です。


藤原

0 コメント

2014年

11月

15日

夕焼け

打合せを終えて、久しぶりに洗車して、

その帰り道の夕焼けが、あまりにも綺麗で思わずシャッター切りました。

だんだん、日が短くなってきましたね。

 

車を運転することが好きな私ですが、特に仕事帰りのドライブは、大好きな時間です。

武石IC付近にて。

 

田中

0 コメント

2014年

10月

22日

実りの秋の、実庭のキャンペーン

今年の初め「ウィンターキャンペーン2014」としてサイプレス製オリジナルベンチを、工事をご注文いただいたお客様にプレゼントしていたのですが、好評につき今回第2段、ウッドプランタープレゼント!というキャンペーンがスタートしました。


ちょっとモノはちっちゃくなりましたが、これもなかなか素敵です!

素材はイタウバとサイプレスの2種類、どちらでもお好みの方をどーぞ!です。

ちなみに来月工事を行う予定のお客様からはデッキと同素材のイタウバでご予約をいただきました。

我が家も7~8年前から同じプランターをデッキにずっと置いてあるのですが、さすがハードウッド、全く傷んでなくてとっても丈夫です。何より職人さんの手作りってところがいいなーと思ってます。


藤原

0 コメント

2014年

10月

04日

コダカラソウ

 

8年ほど前に、知人の家のお庭から5粒ほどいただいて栽培している、コダカラソウです。

 

非常に繁殖力が強いのですが、寒さには弱いらしいです。私も一度、絶滅寸前にまで追い込んだことがあり、慌てて最後の粒を水につけて培養してみたら、復活してくれました。


葉っぱから出てきた子株は、ちょっと触ったり揺れただけで、ポロポロ取れて下に落ちるので、爆発的に増えます。


こちら、今日の収穫。

 

培養中の株。

これぐらいが一番かわいいですね〜。

 

田中

0 コメント

2014年

9月

09日

がんばれヘンリーヅタ!

昨年の春頃、西日対策としてパーゴラの工事をさせていただいたF様のお宅に伺う機会があり、植木職人さんの勧めで足元に植えた「ヘンリーヅタ」の成長具合を観察してきました。


この様なほとんどつるが無い状態で植え込んで、1年ちょっと。

地上1mくらいはしっかりと葉がしげってだいぶ大きくなった様子…。


濃い緑色の葉っぱに白い葉脈がきれいです。

キリッとしたカッコイイ印象の植物ですね。

肝心のつるはパーゴラの真ん中くらいまで伸びていました。


私「うー、西日を遮ってくれるまではもう少しかかりそうですねー。夏終わっちゃいましたねー。」


F様「いいの。いいの。成長を楽しみにしているわ。」


ヘンリーヅタは秋は真っ赤に紅葉し、冬は落葉、つるはそのままで越冬して春を迎えます。花や実もつけるので、四季を通して色々楽しめる植物です。


来年の夏は陰を作ってくれるといいなぁ。

確かに、私も楽しみです。


藤原

0 コメント

2014年

8月

20日

図面は手描きで

CADによる作図があたりまえの今のご時世ですが、私たち実庭では昔ながらの手描き図面でお客様にプレゼンしています。

「手描きなんですか?」と珍しがられることもたまにあったりして。


正直CADに疎いというのもありますが、手で描いた方が伝えたいところが表現しやすかったり、説得力も出るんじゃないかなーと思っています。見てもらう人に想像してもらいやすい…といった感じかなー。


あとCADって全てがしっかり決まっていないと図面にならないのですが、お庭の工事には「現場合わせ」と呼ばれるあえて曖昧にしておかないといけない部分も多いので、ぼかしが効く手描きが合ってるのかも知れません。

ただ修正が多くなるとやたら大変になるのが難点です…。^^;


藤原


0 コメント

2014年

8月

06日

施工2年後のお庭

2年前に施工した現場に、植栽の剪定工事で伺いました。

樹木や下草が、かなり勢いよく成長してダンゴムシも繁殖し、手がつけられなかった様子。
剪定や草刈りして、大分すっきりしました。

2年経過したお庭は、植物もウッドデッキもよく馴染んでいて、いい雰囲気になってました。

緑がある庭は、やっぱりいいですね。

手がつけられなくなったら、また呼んでください。

 

田中

0 コメント

2014年

7月

28日

塗装日和

今日は、間もなく着工する空中デッキの、事前塗装を実施しました。

 

事前加工が終わった材料を、作業場所に広げます。
出来上がると15平米ほどの空中デッキになりますが、組み上げる前の材料を広げると、かなりの面積ですね。これでもまだ材料の一部です。

3人がかりで一気に塗装。
サイプレスとイタウバに、焦げ茶色のオイルステインを塗ってます。

床材のイタウバに1度塗りした状態。なかなかいい色になりそうです。


全体への1度目の塗装が終わったら、乾かしてまた2度目の塗装が始まります。

 

そして数日後には、いよいよ現場作業。

完成が待ち遠しいです。

 

田中

0 コメント

2014年

7月

08日

隅っこがカッコイイ!

先日完了したデッキ工事の際、ふと見ると職人さんが幕板に細かい細工を加えています。

 

デッキ床板を少しカットして・・・、

スポッときれいにはめこまれました。

 

細かーい!

多分言われないと気付かない部分なのに

そして誰かが頼んだわけでもないのに、

いつもすごくきれいに仕上げてくれています。

デッキの構造はもちろんのこと、細部まで全く手を抜かないカッコイイ職人さん達なのです。

こういった加工を見つけるのが、現場での楽しみだったりします 笑

 

藤原

2 コメント

2014年

6月

21日

公園を散策

今が見頃のアジサイです。

 

少し運動不足を感じたので、葛西臨海公園を散策してきました。

雑草ばかりの、野鳥の観察舎のある池の周りを回ったあと、

 

どこかにアジサイでも咲いてないかな、

 

と思いながら散策してたら、

目立たないところにようやく見つけました。

アジサイにも色々な品種があるようですが、ガクアジサイが原種とのこと。
花びらのように見えるのは、実はガクだそうです。

土壌の酸性度で色が変わるというのも、ユニークな植物ですね。


田中

0 コメント

2014年

6月

03日

お…重いっ

打ち合わせ帰りに必要なカタログ2冊ほどもらって行こーと、日頃材料を注文している問屋さんに立ち寄ったら、

「あ、これが入ってますよ。」

「これも必要ですよね。」

「LIXILも新商品が…。」などなど、

明るくご親切に段ボール1箱分、ビッシリ持ち帰らせていただきました。

いつもありがとうございます。

 

定番商品は特に変わりないのですが、新商品も結構多くてパラパラ見ててもなんだこれ?的な商材も多数ありまして、

例えば ← これ。

 

「待屋」って名前みたいです。渋いです。

「茶室に入る前に一寸一休みをする建屋」と

教えていただきました。 

税抜きの定価が\1,050,000 との事。

高いのか安いのか、よくわかりませんが

こうしてユニットになって販売されてることも

ちょっとびっくりです。

そしてこちらはめちゃくちゃラブリーな立水栓!

 

もはやラブリーすぎて見るのがつらいです。

※あくまでも個人的な感想です…

 

使い勝手や丈夫さなどを優先して、いつも同じような商材ばかりご提案してしまう傾向にあるので、改めて見てみると色んな可能性を感じます。

 

 

侍屋にご興味がわいた方、ご連絡下さいね。

 

藤原

2 コメント

2014年

5月

20日

東京タワー

 

港区のレストランウッドデッキ工事が、本日終了しました。

 

残りあと少しだったので、早目に現場に行ったつもりが、9時前には終了。

引渡しも終わり朝から時間ができたので、かねてから行きたいと思っていた東京タワーに登ってきました。

 

遠い昔に、一度ぐらいは展望台に登ったような気がしないでもない東京タワー。

 

今は、高い所が好きな人はスカイツリーに行くのでだいぶ閑散としていましたが、色といい形状といいなんとなく昭和を感じて、思わず「がんばれ」と言いたくなります。

 

田中

2 コメント

2014年

4月

29日

東京の黒土

今日から、杉並区の現場が着工しました。
外構工事初日なので、枕木を設置する場所の穴掘りなど、おもに土工事が中心です。

 

それにしても、東京の黒土にはいつも惚れ惚れします。掘れば掘るほど、混じりけのない真っ黒な土が出てきます。

そんな土の中には、このような仲間達もいっぱい。

 

ミミズだの、幼虫だの・・・。幼虫は、正確には切り株の中にいました。

職人さん曰く、「こんなでかいの、クワガタだっぺ。」(千葉弁で)

 

とにかく、このような肥沃な土を、いつまでも残していけたらいいな、と思いました。

 

田中

0 コメント

2014年

4月

15日

キャンペーンのベンチ

この冬にホームページでお知らせしておりました、こちらのキャンペーン。

ウッドデッキをご注文いただいたお客様にサイプレス製ベンチをプレゼントしちゃう!という企画でした。

お陰様で予定数に達したため、キャンペーンは終了させていただきました。

そして先日、デッキ工事が完了したI様邸に5台のうちの1台を納品。

 

広々としたウッドデッキなのでベンチを置いても余裕の広さです。

ウッドデッキって、ちょっと腰かけるところがあると、ぐんと使いやすくなるんですよね。

 

後日伺ったら早速ご家族でデッキに出て過ごしていただけたとの事。

 

気持ちの良い季節になってきましたので、いっぱい活躍してくれるといいなーと思います。

 

藤原

0 コメント

2014年

3月

28日

ランプの試作品できました

マリンランプを使った、こんな試作品ができました!

大工さんや電気屋さんに協力してもらい、作ってみました。真鍮の置き型マリンランプを、手作りの台座に固定した、持ち運び自在の外用照明です。

 

台座には雨ざらしでも平気なイタウバを使い、外部用のコードとプラグを接続していますので、外に置きっ放しでも大丈夫。

 

場所を選ばず、コンセントが届く範囲ならどこでも気軽に移動できるのがいいですね。
マンションのバルコニーや部屋の中で使っても、素敵ですよ。

 

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。


田中

0 コメント

2014年

3月

17日

でんきやさん

あっっっという間に1ヶ月が経過…!

なんだか私たち最近立て込んでおりまして。^^;

 

← さて、先日完了したウッドフェンス設置工事です。

いつもお願いしている電気工事の職人さん、

(通称/でんきやさん)にマリンランプとインターホンを取り付けてもらいました。

 

 

電気工事はあっという間に完了し、ふと見ると木工事の大工さんに混じってフェンスの柱を立ててくれてます!

あたりまえのように一緒になって作業してるから、気付くのに時間がかかりました。

笑っちゃいます。

 

ほんとに気のいい優しい「でんきやさん」、

いつもとっても助けていただいてます。*^^*

 

 

この場を借りて…、表札剥がしてもらってありがとうございました!笑

それと来月も電気工事をお願いしたい現場がありますのでよろしくお願いします~。

 

藤原

 

0 コメント

2014年

2月

17日

強力な耐荷重

先日の大雪、こちら千葉もえらいことになってました。

我が家のデッキはサッシより25cmほど低く作ってあるのですが、サッシから上に30cmくらい?、ということは軽く50cm超えという事!

 

去年植えたばっかりのみかんの幼木がかわいそうな事になってます…。

そして←この2Fベランダ分の雪もデッキにせっせと雪下ろしして(息子が)、ウッドデッキに大きなかまくらが出現!(写真撮り忘れ)

 

前に樹脂デッキの耐荷重を調べたときに、50cmか60cm雪が積もったら雪下ろしして下さいというメーカーの規定があったのを思い出したのですが、うちのデッキ(実庭仕様の在来軸組デッキ)はこれくらいの雪じゃびくともしません!

巨大かまくらも笑って見てられました。(^^)

 

デッキは心配無しでしたが、玄関横の木が雪で幹が折れちゃいました。(TT)

近々撤去となりそうです。(TT)

 

藤原

 

 

 

 

0 コメント

2014年

2月

02日

懐かしい現場に遭遇

打合せで千葉市内のある工務店さんにお邪魔したとき、ふと見ると、見覚えのある建築模型が目にとまりました。

 

これはまさしく、以前私が外構・ウッドデッキを手がけた現場。
家の造りがそっくりではないですか!

そしてこれが、2006年の秋に外構工事が完了したときの写真です。


施主様と時間をかけてプランを練り、新築外構全てを任されました。以前いた職場で、まだ駆け出し1年目の頃に出会った、とても心に残る現場です。

懐かしい再会に、また愛おしさを感じてしまいました。


田中

0 コメント

2014年

1月

22日

ログハウス見学

藤原と二人で、来月グランドオープン予定の、ちょっと個性的な住宅展示場に行ってきました。ここは柏にあるBESSの家、ログハウスを始めとする、自然の木をふんだんに使った家を提案している会社です。


現在2棟建っており3棟目を建設中。

それぞれ特徴のあるモデルルームで、木のぬくもりが感じられます。気になるドーム型をしたモデルルームは、残念ながら工事中でまだ入れませんでしたが、出来上がるのが楽しみです。

 

展示されている小物たちも楽しく、遊び心をくすぐられる場所でした。

 

http://tokatsu.bess.jp/

 

田中

0 コメント

2014年

1月

07日

今年もよろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。
お正月に旅行した富士山、思いっきり晴れてました。

 

ちなみに私の場合現場でも滅多に雨が降りません。笑

この状態をキープして今年も頑張りたいと思います!

 

皆様の新しい2014年が幸多き年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

藤原

0 コメント

2013年

12月

28日

今年最後の現場

しっとりと雨に濡れた、いちじくの実やレモンの葉。
カラカラに乾燥した天気が続くと、冬の冷たい雨もホッとするひと時に感じられます。

 

・・・などと、浸っていられれば幸せ。
昨日完了した今年最後の現場は、また雨でした。

 

どういうわけか、現場で雨に降られることの多い田中です。
雨対策の長靴と帽子は、常に車に積んでます。
雨には慣れているので、あまり気の毒がらないでください。

 

気がつけば今年も残すところ、あと3日となりました。
当ホームページを見てくださった皆様、今年一年、ありがとうございました。

 

来年も、雨にも負けずがんばりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

田中

 

0 コメント

2013年

12月

03日

大工さん紹介

実庭の施工写真によく登場する大工さんに、カメラの前に並んでもらいました。
いつもは施工中で、後ろ向きにしか写ってなかったりなので、もっと良く見てみたい!という声にお答えして・・・。

 

というわけで、仕事が終わって、少しリラックスしたところを撮影しました。向かって左側から、伊藤さん、高政さん、大竹さんです。

 

いつもは、こんな感じで仕事してます。お客さんの喜ぶ顔を見るのが生きがいの、熟練の大工さんたちです。


ウッドデッキやウッドフェンスの現場でお伺いしたときは、よろしくお願いいたします。

 

田中

 

0 コメント

2013年

11月

22日

その後のその後

前回ご紹介したK様邸、その後ちょっと用事があったので再度伺ったら、フェンスが塗装されていました!しかも途中で中断してる期間だったようで、塗装前と塗装後がわかりやすい状況ではありませんか!塗料は水性ステインを使用されたそうです。

オイルステインは良く目にするのですが、水性ステインとの具体的な違いがわからず、早速ググってみたところ、一番の違いは水で流せるから後片付けが楽、そして耐久性は水性のものも今はかなり性能が向上している様で遜色無し、らしいです。

ほほー、片付けが楽なのは有り難いですね。

こうして見てみると塗装していない右の1スパンは自然な風合い、左の2.5スパンは建物に馴染む上品な雰囲気です。

どっちもOK!もうこのままでも良くないですかー?

 

うそです。

K様、残り頑張って下さいねー。

藤原

0 コメント

2013年

11月

13日

工事のその後

昨年の夏に外構リフォーム工事を行ったK様邸に

先日補修のため伺いました。

 

←こちらは施工直後の門塀前の植栽。

 

この時点でもなかなか良い雰囲気を出してくれていたのですが、、、

←施工後1年3か月経過した、先日の写真。

 

それぞれきれいに成長して、ワイルドでとてもいい感じです!

植栽スペースは奥行20cm弱で周りはコンクリートに囲まれているにもかかわらず、良く育ってるなーと感心しました。

大事にしてもらっているんでしょうね~。

←そしてこちらはウリン材で施工したウッドフェンス。施工直後の写真です。

ウッドフェンスと言うと、このような茶色い色を想像される方が多いのですが、天然木を使用したフェンス材は時間の経過でシルバーグレーに退色していきます。

立地によっては1ヶ月も経つと退色が目に見えて来ると思います。

 

←現在の様子。

(実際よりだいぶ明るく撮れてしまいましたが)概ねこのような色に落ち着きます。

前後の緑が自然に馴染んでいい雰囲気出してるなーと。

こう見ると主役は樹木や草花たちで、フェンスや門塀は引き立て役になるくらいでちょうどいいのかなーって思います。

 

藤原

 

0 コメント

2013年

10月

30日

サンルームでティータイム


お客様から、素敵なカフェを教えていただきました。
内装や色使い、庭の雰囲気などが、お客様のイメージにぴったりとのこと。

 

ならば早速、現地調査に直行!


勝田台にある「貝殻亭」。レストランやカフェが広い敷地内に点在しており、更に敷地を拡張して、ローズガーデンが作られています。

 

まずは、庭内をざっと散策したあと、少しカジュアルなガーデンサロンに入りました。
1Fにある洋菓子屋さんで好きなケーキをセレクトし、2Fで食べると言えば、持ってきてくれます。


2Fのベランダを改築したと思われるサンルームは、木で作られた趣のあるサンルームです。インテリアは小物や家具で統一感を出し、照明には、マリンランプが効果的に使われていました。


サンルームは、内と外を自然につなげる、中間的な存在だということがよくわかります。そんな場所がある暮らしの、居心地の良さが体験できる場所でした。

 

田中

0 コメント

2013年

10月

18日

実のなる木

最近、実のなる木を植えたいというお客様の声をよく耳にします。

←こちらはジューンベリー、春に花を咲かせたあと赤い実がなる人気の木です。そのままでも食べられるし、ジャムも美味しいです。

 

代表的なものとして、

・ユズ(意外とマーマレードが美味しい。)

・ブルーベリー(食用としてとても人気です。紅葉もきれい。)

・ヤマモモ(焼酎に漬けると美味しいって植木屋さんが力説してました。)

・ヤマボウシ(シンボルツリーとしても人気ですね。)

・ナナカマド(とにかく紅葉がきれい)

・ソヨゴ(常緑で和洋どちらにも似合います。)

 

他には、オリーブ、イヌマキ、モッコク、コナラ、ガマズミ、コブシ、などなど…。

こういった木を植えてみたら実をついばみに野鳥も遊びに来てくれるかも知れませんね。

  

このミカンは今年の春に自宅に植えたもので、まだ小さい株なのに実を7個もつけてくれました!消毒とかなんにもしてないので、無残な葉っぱになってしまいましたが、少し色づいてきたのでそろそろ収穫かな。

 

 実りの秋ですね~。

 

←ちなみに葉っぱを食い荒らした犯人はこちら。

 

 

藤原

0 コメント

2013年

10月

11日

現場に珍客現る

 

10月だというのに、真夏日を記録する暑い日となった今日の現場。


突然、空からこいつが飛んできました。

 

カマキリ・・・。

なかなか、活発に動きます。

 

あまり、モノオジしないようですね・・・。


そして、工事の方も完了しました。

セランガンバツーのルーバーフェンス(世田谷区)

 

田中

0 コメント

2013年

9月

21日

蔵六三三〇

ちょっと前になりますが、食いしん坊な代表田中と一緒に、船橋市の田んぼの中にある隠れ人気カフェ「蔵六三三〇」に行って来ました。

 

ずいぶん前に友人からいいお店だよって聞いてはいたのですが、なかなか行く機会が無くやっとという感じで。

 

ほんとに田んぼや森の中にあって、何か目的が無いと絶対行かないような場所にあります。でもとっても人気のお店なんです。

 

地元野菜のバーニャカウダやら、

 

豚肩ロースの塊をオーブンで焼いたものとか、

 

デザートも含め色々食べたのですが、ついついがっついてしまい写真はこれだけ。^^;

今回は頼みませんでしたがピザもほわほわでとっても美味しいとか。

 

なんとなく私達が目指すところの、派手さはなくてもいい仕事をする、とか、こんな場所にこんなお店が、みたいなところ、おこがましくも内心勝手に親近感を持ってしまいました…。

良かったら是非!

 

藤原

 

http://kura6330.jp/

 

0 コメント

2013年

9月

11日

雑誌ドゥーパ!に掲載されました

先日取材を受けた現場記事が、DIY好きな方に人気の、ドゥーパ!10月号に掲載されました。


業者が施工したウッドデッキの他、自分でがんばって作ったという力作も、たくさん掲載されています。色々なこだわりやアイデアが形になったウッドデッキは、どれも参考になるものばかり。

気になる方は、ぜひ本屋さんを覗いてみてくださいね。付録(かんたんDIY作例集、ドゥーパノート)も付いてるみたいです。

 

ドゥーパ!ホームページはこちら
http://dopa.jp/dopa-latest/

 

田中

0 コメント

2013年

9月

03日

イペ強し

リビング前の模様替えのため、10年以上使用したイペのウッドデッキを、解体することになりました。

表面こそ、変色して、汚れや傷がついているものの、ビスもしっかり効いているし、床下の傷みも見当たりません。

むしろ紫外線のあたらない床板の裏側などは、変色も少なく、軽く拭いたら問題なく使えそうです。

普通、解体と言えば、中がスカスカになってたり、腐ってふにゃふにゃになった、ソフトウッドで作ったウッドデッキであることが多いのです。

しかし、流石にイペは違います。

10年前に作ったホゾも、こんなにくっきりと残ってました。

 

ちなみにイペとは、ブラジル産の最高級の高耐久性ハードウッドです。公共の場所などでよく使われていますよ。

 

田中

0 コメント

2013年

8月

23日

しましま芝生

お盆休みに出かけた先でこんな芝生を見つけました。

東京駅前、丸の内にあるKITTEというビルの屋上庭園です。

 

最近あちこちで見かける屋上緑化、ウッドデッキと芝生は定番ですね。

 

でもこの芝生、なんかでこぼこしてるぞ!と思ってじーっと観察したら、刈り込みの長さを交互に変えてラインを出していました。

すごい、簡単なことですがお洒落です。

一面きれいに刈り込んだ芝生もきれいですが、こんな風にしても面白いですね。

 

お家の芝生も何か模様を入れてみても面白いかも知れませんよ。

 

屋上庭園からの眺め。

建物が全部大きすぎて、人や車が小さいおもちゃみたい。

 

あ、○ッツマングローブさんがロケしてました。

この人は大きかったです!

 

藤原

0 コメント

2013年

8月

03日

目隠しフェンスの改造

先日ちょっと変わったご相談をいただきました。

 

既存の人工竹垣フェンスはすき間の無い目隠しフェンスなのですが、防犯を考慮して外からお庭が見えるようにして欲しい、とのご要望。「見えるように」ってところがかなり珍しいです。

 

 

築10年との事ですが本体はまだまだしっかりしているのでそのまま利用し、中の竹部材をバランスを見ながら抜いていきます。 

「1本抜いたらこんな感じですよ。」

「2本抜いてみましょうかー。」 

お客様と相談しながら作業を進め、こんな感じに落ち着きました。お庭の緑が見え隠れして素敵な竹垣になりましたね。

 

 

お庭からの以前の眺め。

 

目隠しフェンスの需要はとても高く人気のフェンスですが、あまり隠しすぎると圧迫感が出てしまいます。

改造後。光も入るし風も通るようになりました。防犯面もクリアです。元あったフェンスを無駄にしないでいい感じに仕上がりましたね。

 

ちなみに、外側の人と目が合わない程度のすき間って2~3cmくらいまでかなーと思います。

 

藤原

0 コメント

2013年

7月

21日

雑誌取材、受けました

去年施工した船橋市F様の「坪庭デッキ」が、学研のDIY専門雑誌「ドゥーパ!」の取材を受けました。

ウッドデッキの中央に、レンガで囲った植栽スペースがあるのが特徴です。


ほぼ1年前に施工した現場ですが、なぜこういうウッドデッキになったのか経緯を聞かれ、説明しようと思ったらなんと忘れている自分。

その後、お客さんの言葉で思い出しました。

そうだそうだ、最初はウッドデッキではなく、植栽を眺める坪庭から始まった話だったな、とか。

 

9月7日発売のウッドデッキ特集の中で、登場する模様。自然やアウトドアが好きな方にも、オススメの雑誌です。


田中

0 コメント

2013年

7月

10日

あ、暑すぎる・・・。

梅雨明けと同時に着工したT様邸、まずは樹木撤去からスタートしたのですが、ものすごい暑さで30分作業するだけで職人さんも息が上がってます。

 

かなり危険なので、水分補給と休憩をたくさんはさみながら作業を進めました。

1日がかりでこの状態に。ウッドデッキやウッドフェンスを設置する準備が整いました。

よかったよかった。一安心です。

 

しかし!現場管理の私、「全く焼きたくない人のための日焼け止めSPF50」ってのを2度塗りしていたにも関わらず、終わったころには顔も腕も真っ赤に。まったく、現場の紫外線は恐ろしいです…。

 

 

ところで、この涼しげなポロシャツは私たちの夏のユニフォームです。

 

紺と白。ホーム&アウェーです。

違う!汚れる日と汚れない日用です。

 

紺色を着てたら今日はなんかやる気だな、と思って下さい。

 

藤原

0 コメント

2013年

6月

28日

個性的なレンガが勢ぞろい

只今、お庭の工事進行中の現場に、個性的なレンガが到着しました。
色や大きさがバラバラの、古いレンガばかりをあえて集めました。

こうして並べてみただけでも、すごい味がある〜。味がありすぎる〜。

 

このレンガは、ランダムに敷いて使う予定です。今は防草シートに覆われてるもったいないスペースが、素敵なテラスに大変身する予定です。

楽しみ楽しみ・・・。

 

田中

 

0 コメント

2013年

6月

21日

スギナ対策

デッキ工事をご希望のお客様のお庭、お部屋の中からカーテンを開けてびっくり!一面スギナの草原になっていました。短く刈り込んだら芝生に見えるんじゃないかってくらいです。 

2年前の新築時に数本生えていたのがどんどん広がって、もう手がつけられない状態に。スギナは地下茎で広がっていくので、土の中はもう根っこだらけになっていると思います。頑張って抜いても少しでも根が残っていたらそこから新芽がふいてくるらしいです。

 

調べてみたところ色々と対処方法はあるみたいですが、スギナの根を絶つには除草剤に頼るのがやはり確実との事。一度全面に散布したら、翌年以降は生えてきても量は随分減るらしく、そうなったらピンポイントで薬を塗ってこまめに枯らしていけば、数年で落ち着いてくるらしいです。

 

こちらのお客様のお庭は幸い他に樹木や草花を植えてない状態なので、全体に薬を撒くことになりました。

 

スギナ見つけたらほっといちゃダメですよー。早めの対処をおススメします。

 

藤原

 

 

 

0 コメント

2013年

6月

10日

鎌倉の職人さん

鎌倉でのオーニング工事がお昼に終わり、たまたま職人さんの事務所の近くだったので、お弁当を買ってお邪魔しました。

 

神奈川や東京方面の外構工事でお世話になる職人さんの事務所で、周りには、鎌倉野菜の畑が広がっています。

ほとんどの職人さんは、現場に出ていていませんでしたが、設計や植栽担当のTMさんが相手をしてくれました。実はTMさん、以前いた会社の元同僚です。

 ここの職人さんは、とにかくみんな若くて元気。そしてとても礼儀正しいのです。
特徴は、このド派手なトラック達。初めて現場で見るときは、ギョッとするかもしれません。神奈川・東京方面の外構工事で伺うときは、よろしくお願いいたします。

 

田中

0 コメント

2013年

6月

03日

シルバーグレーのウッドデッキ

先日、現地調査に行った帰りに、池袋の東武百貨店で広々としたウッドデッキを見つけました。8Fにあるスカイデッキ広場。ショッピングの合間に休憩したり、軽食を食べたりできる施設だそうです。

実庭が大好きな、防腐塗料不要のハードウッドの弱点として、「退色」が挙げられます。紫外線や汚れにより、グレーに変化していくことなのですが、こうして見ると、実に自然でいい色だと思います。

 

もちろん、施工直後の色も天然木ならではの綺麗な色なんですが、変化した後のこの色も、塗料では決して出せない魅力的な色ですね。


日当たりのいいところでは、1年も経つとこんな色に変わっていきます。何十年も使用に耐えるハードウッドは、実はこの色になってからが長ーいのです。

 

これから暑くなる季節、自宅のウッドデッキでビールなんて、いかがですか?

 

田中

0 コメント

2013年

5月

27日

砂利敷き工事 in 木更津

3月に伺った木更津のお客様のお宅、敷地がとても広いお家で、裏手の雑草に手をやいておられました。

 

ここまで来たら見て見ぬふりになってしまいますねー。

 

そこで、

 

「私がなんとかしましょう!」

 

前掛けと地下足袋、右手にコテを握りしめて田中が立ち上がりました!

 

なんなんでしょうか、このたくましさは(笑)

 

 

砂利は搬入経路の都合で袋入りのものを準備しました。

 

そして雑草混じりの土を掘削撤去、防草シートを敷き込んでいきます。

 

作業をすすめること3~4時間・・・。

すっきりきれいに完了しました~!

ちょっとしたスペースでも、こうしてきれいになると気持ちいいですね。

 

実はこちらのお客様、田中の学生時代の先輩にあたる方で、とても身内的な雰囲気で、みんな一緒になって楽しく作業させていただきました。

 

ありがとうございました。

 

藤原

 

※通常の工事は職人さんのみの施工になります。

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

14日

空中デッキ1号

田中が担当している千葉市緑区の現場見学に行って来ました。

 

実庭では初めてとなる空中デッキ!

 

実庭では初ですが、前職場では多数実績があるためか、田中さん、デッキの上で余裕の笑顔です。

 

この写真は着工2日目の午前に撮影、

施工のスピードも半端無いですね。

 

空中デッキとは、駐車場の上や敷地内の斜面を有効活用するために、柱を長く伸ばして高所に設置するウッドデッキのことを言い、傾斜地の多い神奈川県などでとても人気があります。

 

デッキに座ってみるとこんな感じ。

土留め擁壁の下からさらに数m先までが敷地のため、擁壁を超えた部分が空中デッキとなり、有効スペースもとても広がりました。

あとは擁壁の下に降りるための階段を設置して完了だそうです。

 

職人さん、「この階段造るのが大変なんだよー。」

そりゃそうですよね、手すりも必要ですしね。

でも今日でほぼ完了するそうです。

職人技です。

 

藤原

 

0 コメント

2013年

4月

28日

ウッドデッキの使い道

我が家のウッドデッキです。

 

デッキって作っても実際はあんまり使わなくなるんじゃない?なんて話をよく耳にしますが、うちにとっては無くてはならない存在です。

 

・デッキに取り付けた物干しは毎日大活躍。

・子供が小さいころはプールを出して水遊びしたり、

 よく友達を呼んできて遊んでいました。

・立水栓も付いているので、泥で汚れた靴も

 バシャバシャ洗ってそのまま天日干し。

・花の植え替えや、夏休みの工作づくり。

・雨が降ってきたかな?って時、デッキの床を

 見るのが一番わかりやすい。

・朝デッキに立って気温を確認、その日着る服を

 考えます。

・年末の大掃除、家中の網戸がデッキに大集合。

あと、ウッドデッキと言えばバーベキューってイメージがありますが、意外とこの6年ほどでデッキでバーベキューをしたのはほんの数回です。

バーベキューコンロって出すのも片付けるのも結構面倒なんですよねー。

 

でも、最近ふと思いついて七輪を買ってみました。

これ洗わなくていいんです。と言うより洗っちゃダメなんです。珪藻土で出来てるので、水をかけると耐久性が落ちるらしく、使用後は灰を捨てるだけ、という点が非常に気に入りました!

早速お肉やハマグリ焼いて美味しくいただきました。

アルミホイルで包んでるのは新タマネギ、遠赤外線効果?中まで簡単に焼けました。

よし、次は焼き鳥だ!

 

 

ウッドデッキがあると、少し楽しみが増えるような気がします。

そして七輪もおススメです!

 

藤原

 

0 コメント

2013年

4月

21日

モッコウバラが満開

先日、パーゴラとサンルーム(第一期工事)が完了した現場で、モッコウバラが満開です。


ここは、サンルームとその外側にパーゴラを設置するという二重構造の現場で、かなり難易度高いです。

 

最初に現場調査に行ったのは、3月上旬でした。
まだ枝しかなくてあまり実感が湧いてこず、少しばかり検討に時間がかかってしまいました。

 

すると、お客様から「どんどん葉っぱが出てきたので、早く工事しないとダメ〜!」
とハッパを掛けられ、パーゴラとサンルームの屋根部分を、最優先で工事させていただきました!

今年は桜の開花も早かったのですが、モッコウバラも早かったらしく、現場に足を運ぶ度に、あれよあれよと大きくなっていき、工事の日にはこの状態。

 

幹や枝を紐で2階からつったり、緩めたり、お客様にも積極的にご協力いただきました。

そして、モッコウバラが綺麗に咲いたという、お客様からの連絡を受けて、工事完了からちょうど10日後に、見に行ってきました。冷たい雨が降る日でしたが、まるで絵画のようにしっとりと色鮮やかなモッコウバラを楽しんできました。

さて、サンルームの完成はまだこれから。第二期工事も楽しみです。

 

田中

0 コメント

2013年

4月

10日

お知らせ

大したお知らせではありませんが、

←このような「実庭の小ねた」という

新しいブログを作ってみました。

 

内容はと言いますと、お客様から教えていただいた

美味しいレストランや素敵なお店、

あと私たちが日頃よく立ち寄る所などを

小ネタ集としてご紹介しちゃおう、って感じです。

仕事に全く関係無し!です。笑

それに若干この実庭日記とかぶってます。笑

 

 

まだ始めたばかりで記事数も少ないのですが、これから細々とUPしていきたいと思います。

と、言ってもネタにも限りがあるような気が…。

 

ホームページ右カラム(一番右の列)の下の方にバナーがありますので、よかったら(たまに)のぞいてみてくださいねー。

 

藤原

 

 

0 コメント

2013年

3月

29日

現地調査 in 木更津

田中と二人で木更津まで現地調査。

← お客様&田中(右)です。

なんで二人かといいますと、通常工事は職人さんに任せて私たちは管理に徹するのですが、今回は私たちも作業に参加して庭造りをやっちゃおう!という話になりまして。

 

うちの代表の田中さん、造園技能士というどっちかというと職人さんよりの資格を所有しており、さらにガテン系おじさん並みの腕力も備えてることから、その技能を役立てるべく今回の計画が持ち上がりました。(ちなみに私はお手伝い程度で…。)

 

田中の地下足袋はいた姿をご紹介できるよう、只今プランニング&見積中です。頑張ります。楽しみー!

 

藤原

 

 

3 コメント

2013年

3月

22日

串揚げ

昔勤めていた会社でよくお昼を一緒に食べていたFさんと、何年ぶりかわからないほど久しぶりに再会し、串揚げ料理を食べに行きました。(串揚げはどうでもいいんですが)

 

スタッフ紹介にも書いておりますが、実は私、以前は全く違う畑で仕事をしてました。私がいた頃は、会社が築地市場の近くにあったので、Fさんとのお昼は、グルメ三昧の日々でした。

今は会社の雰囲気も大分変わったようですが、こうやって人と再会できるのはいいですね。

 

そしてなんと、実庭ガーデンデザインの開業祝いに、こんな素敵な花束もいただきました!


もうすぐ実庭も、一周年です。

 

田中

0 コメント

2013年

3月

12日

お洒落パーゴラ

このパーゴラはご近所の有名ケーキ屋さん

ル・パティシエ  ヨコヤマ さんのものです。

かなり凝った造りで、行くたびに素敵だな~って見上げてます。

 

周囲にオリーブなどの樹木がたくさん植えてあり、その組み合わせがなんともお洒落です。あと、これはフジなのかなー、落葉のツタ系樹木がからめてありました。夏はいい感じに木陰を作ってくれそうですよね。

 


実庭でもパーゴラ付きのウッドデッキを数件施工していますが、ここまで造り込んだものはなかなか無いので、一度思い切り凝ったデザインで施工してみたいなーって思います。こんなエントランスのお家って、絶対素敵ですよ~!

 

賛同していただける方、お問い合わせお待ちしておりまーす(^^)/

 

藤原

0 コメント

2013年

3月

04日

実庭オリジナルグッズ!

さて、これは何でしょう!?

微妙に斜めってるのと、細ーいミゾが入ってるのが

ポイントです。

別件で職人さんの作業場に打ち合わせに行った際に、

ちょこっとお願いしてみたら、

その場でさくっと作ってくれました。

 

持ち帰ってサンドペーパーでピカピカに磨いて完成したものは・・・、

じゃん!

 

カードスタンドです!

もちろんハードウッド(これはイタウバ)を使用しているので、適度な重さがあり安定感もばっちりです。

立てたカードが見えやすいように、底を斜めに削ってもらっています。

 

 

実庭オリジナルグッズが誕生~!

・・・って、そんなたいそうなものではありませんが、なかなかシンプルで素敵です。

早速自宅に飾ってみました。(^^)

これはポストカードですが、写真やちょっとしたメモなどをはさんだり、使い道は色々あるんじゃないかなーと思います。

 

デッキ材は基本屋外で使用するものなので、お部屋の中にあることがちょっと新鮮。そしていい香りもただよって来ます。

 

よし!また作業場におしかけていっぱい作ってもらおう。

サイプレスやウリンのもお願いしてみよーっと!

 

藤原

0 コメント

2013年

2月

26日

現場にて

今日は、スタッフ藤原が担当する、もうすぐ完成間近の現場を見に行ってきました。


明日は天気が崩れそうなので、今日でほぼ終わらせる予定らしいけど、なんだか余裕の笑顔がこぼれていますね。
一体、何をしゃべっているんだろう・・・。

 

そして今日この現場で、ある企画が持ち上がりました。
そろそろ春めいてくる来月あたりの開催目指して、まずは体力作り(?)から始めようかな。

 

田中

2 コメント

2013年

2月

19日

無垢材家具のお店

お客さん家まで打合せに向かう途中、偶然、面白そうなお店を発見!

打合せ終了後にちょっと寄ってみると、無垢材家具のお店でした。

東名川崎IC近く、川崎市宮前区のサードカントリーさん。2Fの工場でオーダー家具を作ったり、内装工事も請け負っているようです。

 

暗くてよく見えなかったけど、店の外には、不思議な木や鉢植えなどもありました。時間があるときに、ゆっくり見に行ってみようと思います。

 

田中

0 コメント

2013年

2月

13日

春蘭の株分け

ウチのベランダでは、鉢物を適当に育てているのですが、お恥ずかしいことに、水をあげる以外何もしてません。

 

これは春蘭。

最初は結構面倒見ていたのですが、近頃は植え替えもせず何年もほうっておいた結果、株が鉢の外まで広がっていき、こんな状態です。

 

そんな春蘭に水をあげていたら、鉢からはみ出ている株が、自然とポロっととれてしまったのでした。


せっかくなので、このまま株分けすることに。
根があまり伸びていませんが、根付けば儲けもん・・・。

 

早速、戸棚の中で眠っていた水苔と古い鉢を引っ張り出し、趣味の園芸っぽく作業開始。
これって苔玉作りと似てるよね、などと考えながら水苔を根っこの周りに丸めて鉢に詰め込み、

 

なんとなく形になりました。


適当ー。これでいいのだろうか?
園芸に詳しい方から、アドバイスいただけると嬉しいです。

 

ちゃんと育てれば、こんな花が咲く春蘭です。 

次は、苔玉作りたくなってきたー。

いやその前に、他のも植え替えよ。

 

田中

0 コメント

2013年

2月

07日

モミジの移植

現在着工中の造園工事で使用するモミジの木、

植木畑の中から樹形のいいものを選んでキープしてもらっていました。

樹高は3m超えで本株仕立て。

とっても立派です!

 

モミジなどの落葉樹は、冬場の根が休眠している時期でないと移植は難しいので、ちょうど今がジャストタイミング!という訳で、植木屋さんの堀上げに同行してきました。

 

土の中につっこんで太い根でも簡単にカット出来るチェーンソーや土を掘るユンボなど、普通は機械でちゃっちゃと終わらせることが多いそうですが、この日は諸事情により全て人力で作業を行うことに。

「手伝いますよー。」と、マイショベル持参で張り切って堀り始めて数分、腰は痛いわ、くらくらするわ、全く使い物にならずです。笑

そしてこの状態になるまで約1時間。

ここから根巻シートでぐるぐる巻いたりトラックに積んだりと作業完了したらもう真っ暗になってました。いやいや、ほんと大変な作業です。

 

今週末に植え込み予定、

春の芽吹きが楽しみです。

 

藤原

0 コメント